MEMBER 常務取締役 亀田|新卒採用情報 はばたけ!三和エステート feat. ソラリーマン

Win・Winのビジネスモデル、不動産業界を変えていく。

常務取締役 亀田征吾

以前勤めていた不動産会社が倒産。 いくつかの会社を見させていただき、当時はまだまだ規模も小さかった三和エステートを選びました。 自分たちの力で会社をつくっていけそうだと思ったから。 無名の賃貸仲介ショップからの再出発は困難の連続でした。 一方で、自由に任せてくれたのでいろんな経験もできました。 福岡の繁華街にあったショップでは、深夜営業を試みたこともあります。 酔った方がバーと間違えて入店してきたり、看板を壊されたりと散々な結果に終わりました。 仲介手数料をゼロ円にする試みはそれなりに結果がでましたが、思い返せば失敗の方が多かったと思います。

賃貸管理にいた頃も、空室を埋めるために試行錯誤しました。 結果が出ず、オーナー様に頭を下げに行ったことや、逆に、オーナー様の利益を追求しすぎた結果、 自分たちの利益が出ない状況に陥ったこともありました。 たくさんの失敗をしたことで、ようやく見えてきたことがあります。 それは、お客様と長く関係をつづけていくことの大切さ。 目先の利益だけで判断せず、 ずっと先まで互いにWin×Winでいられるしあわせな関係性を築いていくことが何より大切だと思っています。

空室改善システム「BRAINZ」は、空室をなくすことで、オーナー様の収益を最大化するためにつくりあげたソリューション。 自分たちだけが大きく儲かる仕組みにはなっていません。 投資用アパートのCBも同じく、目先の利益は求めていません。 あくまでもWin×Winを長くつづけることを最優先に考えています。 今はこのビジネスモデルを引っさげて、全国展開の第一歩を踏み出しています。 エリアを広げながら、盤石な顧客基盤をつくった上で、 さらに付加価値の高いソリューションを次から次に生み出していくつもりです。

三和エステートは、これからが楽しみです。 いっしょに働いてくれるみなさんにも、若いうちからどんどん挑戦してもらいたいですね。 自分で失敗しながら試行錯誤することが、成長の一番の近道だから。