負けない不動産投資 大家として身につけるべき考え方:セミナーレポート

掲載日:2021年10月01日 カテゴリー:資産形成

9月18日にオンラインセミナーを開催いたしました!

9月18日にオンラインセミナーを開催いたしました!
平成から令和へと時代は変わり、今私たちは新型コロナウイルスの発生やウッドショックなど、目まぐるしく変化する環境に置かれています。今回はそんな変化や市況に「負けない不動産投資」について元祖サラリーマン大家の沢 孝史氏に語っていただきました。

「本当の利回りについての考え方」「沢 孝史 氏が自ら設計にも携わったCBシリーズ」の他、「令和時代の不動産投資」では現在置かれている状況やそれに伴う戦略についての解説、また沢氏の所有物件を例に具体的な数字の紹介など、一歩踏み込んだお話しもしていただき、参加者様の満足度も高いセミナーとなりました。
負けない不動産投資 大家として身につけるべき考え方:セミナーレポート(1)

特別講師:沢 孝史氏

サラリーマンでありながら現役投資家。お宝不動産セミナー主宰者として多岐に渡り活躍。脱サラ後、コンビニ経営に乗り出すが、4ヶ月で廃業、1千万円の貯蓄を全て失う。その後、製造業のサラリーマンとなり起死回生をはかり、また、副業として不動産投資を始める。小額の資金から始めた投資が22年で総額27億円まで拡大し、今や年間家賃収入1億5千万円となる。主宰する「お宝不動産セミナー」からは、現在最前線で活躍中のカリスマ不動産投資家を多数輩出。著書にベストセラー『お宝不動産で金持ちになる』(筑摩書房)『不動産投資 成功へのイメージトレーニング』(筑摩書房)他多数。


その他のセミナー情報はこちら

不動産コラム一覧へ